ローカルの人も楽しめる!ニューヨークのオススメ観光&穴場スポット

ニューヨーク観光情報

 

 

 

 

ハローみなさん!

 

 

 

 

 

ニューヨークに来てからあらゆるところに行きました。

 

 

 

子供ができてからは今まで興味がなかった観光スポットにへと足を運ぶ機会もあります。

 

 

とにかく良い意味でも悪い意味でも忙しくて刺激的なニューヨークには

観光スポットがいっぱい!

 

 

さすが世界中から多くの人が観光で訪れるだけあって、

こっちに住んでからもうけっこう時間が経つのに、
まだまだ全然飽きません。

 

 

 

ということで、本日はローカルの人も楽しめる

観光スポットと穴場スポットをまとめてみました。

スポンサーリンク



オススメ観光スポット ベスト10

タイムアウト調べ。

 

 

 

第10位

 

フラッシングメドウ コロナパーク(クイーンズ)

ユニバーサルスタジオにあるものとよく似ている、大きな地球のオブジェがとても特徴的なこのパークは映画のメンインブラックにも登場。すぐ近くにクイーンズミュージアムオブアート、クイーンズ動物園や科学博物館もあるので一緒に行ってみるのもオススメ。

 

 

第9位

 

ニューヨークボタニカルガーデン(ブロンクス)

美しい花や緑に囲まれて癒されるのはいかが?

ウエディングも出来ちゃうこの大きな庭園ではイベントもよくあって、特に冬のミニチュア鉄道模型展は有名。

 

 

第8位

 

 

ブロンクス動物園 (ブロンクス)

ニューヨークボタニカルガーデンの近くにあるこの動物園はとにかく広い。

専用のカート(有料)で園内をまわることも可能。私も息子がいるのでよく行きます。

家族連れにオススメ。

 

 

第7位

 

ロッカフェラーセンター (マンハッタン)

冬になるとアイススケートが登場することで有名。トップオブロックという名の展望台も有名観光スポット。

テレビ局もあるので、平日の早朝のニュース番組の放送中に行くと、たまーに生放送出演中の有名歌手のライブに遭遇するかも?!

 

 

第6位

 

ハイライン (マンハッタン)

近年オープンしたトレンディーな観光スポット。

空中庭園になっていて、ここからの景色を楽しみながらの散策はきっと楽しめることでしょう!

 

 

第5位

 

 

クライスラービルディング (マンハッタン)

グランドセントラルの近くにあるこの超高層ビルはもともてゃ自動車メーカーのために建てられたビル。アートデコ建築で外見もとても優雅で美しい。エンパイアステートビルディングと並ぶマンハッタンを象徴するビルの一つ。

 

 

第4位

 

ワンワールド展望台 (マンハッタン)

ワールドトレードセンター跡地に建てられた2014年オープンの超高層ビル。

360度の展望台となっており、マンハッタンの景色を一望できる。

地上から102階の展望台までは超高速エレベーターで60秒でついてしまうのも話題。

 

 

 

 

残るはトップ3!!

 

気になる上位3位はやはり鉄板中の鉄板名所がランクインしました!

 

スポンサーリンク




 

第3位

 

 

 

自由の女神 (リバティ島)

もはや説明不要のニューヨーク観光スポット。

100年以上もの歴史のあるこの自由の女神には、展望台があるけれど一時は閉鎖されておりました。でも2009年より制限付きで再開!

リバティ島内の散策もおもしろいが、島に行くまでにのる水上タクシーも楽しい。

とにかく一度は行ってみたほうが良い!

 

 

第2位

 

 

 

セントラルパーク (マンハッタン)

これも説明不要。

映画やドラマでしょっちゅう登場するマンハッタンの大きな公園。

ところどころにプレイグラウンドがあったり、小さな遊園地や動物園もあるので

子連れにはオススメ。

夏にはビキニを着た人が日光浴をしている姿もチラホラ。緑がいっぱいでもちろん大人だって楽しめます!

セントラルパークの南側にあるコロンバスサークルのThe shops at columbus circleや西側に位置するアメリカ自然史博物館にも一緒に行ってみるのもオススメ。

 

 

 

そして第1位はやっぱりあの名所…

 

 

 

 

 

第1位

 

 

エンパイアステートビルディング (マンハッタン)

世界的有名なランドマークでニューヨークを象徴する超高層ビル。

有名映画にもよく出てくるこの観光スポットはニューヨークに来た際には是非訪れておきたいところ。営業時間も深夜2時までおーぷんしているみたい。

やっぱり日中や夜の8時前後は混んでいるみたいだけど、朝の早い時間帯(8時〜9時あたり)なら比較的空いているみたい。とにかくオススメ!

 

 

 

 

と、ここまではよく聞いたことのある有名観光スポットのご紹介でしたが、

ここからはオマケの穴場スポットを少しご紹介。

 

スポンサーリンク



 ニューヨーク観光穴場スポット

※the whole world is a playground 調べ。

 

 

 

BERLINWALL.Secret-New-York-10

via thewholeworldisaplayground

 

ベルリンの壁 (マンハッタン)

所在地: 520 Madison Ave, New York, NY 10022

 

ベルリンの壁はドイツだけではなく、マンハッタンにもあった!

個性豊かなパブリックアートは必見。

 

 

 

 

station.Watermarked Photo

 

地下鉄構内(マンハッタン)

特にユニオンスクエアやタイムズスクエアなどの大きな駅だとしょっちゅうパフォーマンスをしているので生ライブが楽しめます。

電車の中でも突然パフォーマンスが始まるかも!?

 

 

 

 

 

 

セントラルパークのアリス像 (マンハッタン)

所在地:East 74th street

 

セントラルパーク内にはなんとアリスがティーパーティーをしている銅像があります。

ここで記念撮影をするのはおもしろそう。

 

 

 

 

モルガンライブラリー (マンハッタン)

所在地:225 Madison Avenueat East 36th Street

 

もともとは実業家のJPモルガンのプライベートライブラリーだったものが、今は美術館として一般公開されています。とにかく優雅!

 

 

 

 

 

アイリッシュハンガーメモリアル(マンハッタン)

所在地:North End Ave & Vesey Street & North End Avenue, New York

 

150万人以上が死亡したアイルランドの飢饉のメモリアルとして作られた屋外庭園。独特なデザインが印象的。

 

 

 

 

 

 

ルーズベルトアイランドのトラムウェイ (マンハッタン)

所在地: E 59th St & 2nd Avenue, New York, NY 10022

 

イーストリバーに浮かぶルーズベルトアイランドとマンハッタンを結ぶロープウェイ。ただの交通手段としてではなく、そこから見える美しい景色も楽しめる。片道2ドル25セントで往復なら4ドルの運賃。

 

 

 

 

 

ウォーターフォールトンネル (マンハッタン)

所在地:1221 6th Avenue, between 48th and 49th Streets

 

ロッカフェラーセンターのすぐ近くにある小さな公園には水の流れるトンネルがあって、この中をくぐるのは楽しそう!

 

 

 

まとめ 

個人的には今回ベスト10に入っていなかった鉄板中の観光スポット、タイムズスクエアやグランドセントラルはニューヨークに来たら絶対押さえておきたいところかな〜?

 

ニューヨーク観光をする際には是非ご参考に。

スポンサーリンク



関連記事:

Previous Story
Next Story

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply