爆買い?!アメリカの人気クリスマスプレゼント&我が家で買ったもの

アメリカ
アメリカ 人気 クリスマス プレゼント

 

 

ハローみなさん!

 

 

 

今年も残すところわずか。

 

 

 

クリスマス目前で、アメリカではどこもかしこもセールだらけです。

 

 

 

日本ではクリスマスはそんなにがっつりプレゼントって買わないですよね?

 

 

 

買ってもあげる人ひとりに1〜2個しかプレゼントをあげない印象。

 

 

 

個人差はありますが、アメリカではあげる人ひとりにつき何個もプレゼントを買ったりします。

 

 

 

例:私が旦那にクリスマスプレゼントを1個だけ渡すのではなく、

4個ぐらい渡します。(私の周りではそんな感じ)

 

 

 

アメリカではこの時期にクリスマスツリーを飾る家庭が多く、

ラッピングしたプレゼントはクリスマスツリーの下に並べます。

 

 

 

クリスマス当日の朝に、プレゼントの箱を開けるわけですが、

やっぱりプレゼントの数はたくさんあった方がうれしいしワクワク。

 

 

 

だからアメリカではこの時期、みなさんプレゼントはがっつり買う傾向にあります。

 

 

 

誕生日プレゼントよりも、

クリスマスプレゼントの方が豪華なんじゃないかなーと、

個人的には思います。

 

 

 

アメリカではクリスマスには家族一同が集まってプレゼント交換をすることが多いので、

家族が多いほど出費は大変。

 

 

 

我が家では夏ぐらいからクリスマス用のプレゼントを買い集めることが

多くなってきました(笑)。

 

 

 

そんなクリスマスプレゼントを爆買いしちゃうアメリカ人の

クリスマスプレゼント平均購入価格とは?

スポンサーリンク



アメリカのクリスマスプレゼント平均購入価格

 

2016年度のデータでは、平均購入価格は$983(約11万円 1ドル117円計算)

という結果に。

 

 

 

はい、アメリカでは平均10万円以上をクリスマスプレゼントの購入に使います。

 

 

 

一般ピーポーにとっての10万円の出費は大きいです。

 

 

 

って常に思っていましたが、

我が家も今年は結構がっつり買った感じです。

 

 

 

クリスマスだし、しゃーないかという感覚です。

 

 

 

アメリカに移住したての頃は、

そんなにお金をかけることが理解できませでしたが、

実際に爆買いする人をたくさん見てきたり、

いつもは高額商品もこの時期にはセールでかなりお買い得になったりするので、

感覚が麻痺してきました(笑)。

 

 

 

11月のブラックフライデー、サイバーマンデー、

12月のクリスマス前後はセールだらけなので色々と買い物をしたくなります。

 

 

 

財布の紐が緩みまくって出費の連続、超危険シーズンです!!

 

 

 

ところでそんな爆買いしちゃうアメリカ人は、

一体どんな物をクリスマスプレゼントに選ぶのでしょう?

 

スポンサーリンク



アメリカで人気のあるクリスマスプレゼント

参照:brostrick

allmoviegifs

基本的にはなんでもありですが、

子供のおもちゃに関しては、毎年流行商品が人気のプレゼントになっている傾向にあるようです。

 

 

 

 

<子供に人気のおもちゃ>

Nintendo Switchは、 もはや万国共通の人気商品。

子供に限らず大人だって欲しい人がいっぱいいるのでアメリカでは超大人気でございます。

実際私もお店に行ったらすごく大きなプロモーションをやっていたので、

クリスマスシーズンに売りまくってやろうという戦略を目の当たりにしました(笑)。

 

 

 


Fingerlings Baby Monkeyは、指につけれる猿の人形で

今アメリカの子供の間でかなり人気があります。

専用ジャングルジムなどがあり、ペットを飼うような感覚なのかな?

個人的にはなぜこんな人気があるのかわかりませんけど、

結構品薄状態なのでみなさんクリスマスプレゼント用に買い漁っている模様。

 

 


Hatchimalsという卵を孵化させて遊ぶおもちゃは

小さい女の子の間で流行中の人気のおもちゃ。

日本ではウーモという名前で発売されているみたいですね。

 


Fisher-Price Imaginext DC Super Friends Batbot Xtremeは男の子が好きそうな

大きくて強そうなバットマンロボット型。

アメリカの子供のおもちゃ定番、『フィッシャープライス』からリリースされています。

やはりクリスマスプレゼントに人気のため結構品薄状態。

 

 


人工知能が搭載された小型ロボットのCOZMO (コズモ)はペットや

友達のような感じで一緒に遊べるのが楽しいし、

アメリカでは子供の間で人気の商品。

 

 



日本のおなじみカメラ、FUJIFILM インスタントカメラ チェキはアメリカでも大人気。

ティーンぐらいの年齢の子供に限らず、大人(若者)にも人気の商品です。

 

 

<男性向け人気商品>

 

ヘッドフォーン

BoseやBeatsなどの高級志向なヘッドフォーンは相変わらず人気。

 

 

 

タブレットやスマホ

Fire HD 8 タブレットiPadなどのタブレット。

そしてスマホはクリスマスプレゼントの定番人気商品。

こういうガジェット系は値段が結構するので、家族の人数が多かったりする

何台か買ったりしてすぐに10万円とか超えちゃいますね。

 

 

 

シェーバー

メンズシェーバーは身だしなみを整えるためにも男性にとっては結構必須用品。

この機会にプレゼントをすると喜ばれるよう。

 

 

 

フィットネストラッカー

Fitbitのようなフィットネストラッカーは、普段からエクササイズをしている人にはもちろん、

エクササイズをあまりしていない人にもこれからの健康を願ってプレゼントする商品として人気。

 

 

 

その他

Amazon Echo Plus やスピーカーなどのガジェット系、

財布や靴などのファッションアイテムも人気のよう。

 

 

<女性向け人気商品>

 

ジュエリー

ネックレスなどのジュエリー系はやはり女性に人気で、定番クリスマスプレゼント商品。

この時期にアメリカのテレビではやたらとジュエリーのコマーシャルを目にします。

 

 

 

香水


フレグランスなどは香りの好みとかが色々ありますが、

万国共通でアメリカでも女性に送るプレゼントとして人気。

 

 

 

化粧品

女性はコスメが好きな人が多いので、これもプレゼントで喜ばれます。

好みがあるからハイエンドな化粧品を取り扱っている『セフォラ』や、

好きなコスメブランドがわかっている場合はそのお店のギフトカードをあげる人も多いです。

 

 

 

フィットネストラッカー

男性同様、Fitbitなどの最新フィットネストラッカーは女性にも人気。

カジュアルにもフォーマルな感じにもファッション感覚でバンドを交換できるので

アクセサリーのように使う人も多いです。

 

 

 

その他

UGGのスリッパのような家でリラックスする時に使えるアイテム、

カバンやスカーフなどのファッションアイテム、

フィリップス ソニッケア のようなちょっと高級な電動歯ブラシなんかも人気商品のよう。

 

 

 

我が家が購入したクリスマスプレゼント

我が家は3人家族なので、メインに買うプレゼントは旦那、息子、私の3人分。

でもクリスマスは毎年義理家族と一緒にディナーを食べる予定なので、

義理家族の分もプレゼントを購入します。

 

 

旦那用

 

・ギャラクシーのタブレット(ケースと保護シールも)

 

・タブレット用マイクロSDカード

 

・フィットネストラッカー

 

息子用

 

・デュプロブロック

 

・スーパーマリオのフィギュア

 

・スターウォーズのおもちゃ(旦那が勝手に買ったからどんな種類か不明)

 

・アディダスのスターウォーズコラボスニーカー

 

 

義姉1

・カバン

 

 

義姉1の彼氏

・ゲーム

 

 

これから買う予定のクリスマスプレゼント

 

義姉2

・お酒

・ギフトカード

 

 

義母

・ギフトカード

 

 

義父

・お酒

・宝くじ

 

 

 

ちなみに旦那からは欲しかったシンプルな指輪&フィットネストラッカーを

プレゼントしてもらう予定。(もうプレゼントの中身がすでにわかっているっていう…。笑)

 

 

 

今年のクリスマスプレゼントはほぼ買い終わっていますが、

総額は10万越えぐらいになるかなーという…

 

 

 

 

agt

オーマイガーー

見返してみるとやばいです。

今年はちょっと調子乗ってしまいました。

やばいやばい…。もう冷や汗が出ます。

我が家ではいつもはこんなにいっぱい買わないけど、

今回はちょっと買いすぎたと思いました。

 

 

 

(追記:まだ友人や友人の子供たちの分もあることを忘れていたので、

まだまだクリスマスショッピングは終わりません…。)

 

 

 

まとめ

 

アメリカでクリスマスショッピングをする場合は、

セール品揃いで爆買いの傾向になるので、

我が家のように金欠にならないよう、みなさん気をつけてください。

スポンサーリンク




関連記事:

Previous Story
Next Story

You Might Also Like